ようやく降り立った無人駅舎にホームシックを感じてしまった

ぐっすりTVの旅行番組では観てきた無人駅舎ですが、初めてみずから降り立つ機会に恵まれました。割と知られた範囲ではあるのにも関わらず無人駅舎で、もしかして全国的には無人駅舎はたくさんあるのかもしれません。確かに1時間に1教科書くらいしか停まら乏しい駅舎には改札は必要ありません。地元の顧客はいまひとつ無人駅舎を珍しがってはいないみたいでしたし。
用事があって降り立ち、鉄道が走り去った後のホームシックはとてもありました。どこを見渡しても自身はいませんし、緑が生い茂って掛かるだけ。漠然と寂しさも感じて全然貴重な想い出でした。こういう静かなインプレッションがとっても奇抜で気持ちがよかっただ。
こういう無人駅舎の体制、きっぶの買収はどうするかというと直鉄道に乗ってしまってから、車掌ちゃんから購入するという型でした。結構思い出深い心になりました。鉄道はフリー機会を利用して、だいたい満杯の状態で間際シートに陣取ることができました。かなり自分にとっては印象深いワンデイでした。